なかむら耳鼻咽喉科クリニック

なかむら耳鼻咽喉科クリニック

MENU

小児耳鼻咽喉科

Pediatric otolaryngology

小児耳鼻咽喉科Pediatric otolaryngology

小児の患者さまに多い特徴は、鼻風邪から中耳炎や蓄膿症になりやすかったり、耳垢の詰まり、いびきなどがあります。特に、惨出性中耳炎、急性中耳炎、アレルギー性鼻炎といった病気になる患者さまが多いです。

惨出性中耳炎
痛みがないことが特徴の中耳炎です。痛みはありませんが、中耳空内に液体がたまることで音の伝達が悪くなり、音がこもって聞こえたり、自分の声がぼんやり聞こえたりします。痛みの症状がないため、お子さまの場合は、その症状に気付かないこともあります。TVの音がいつもより大きい、呼んでも反応が鈍い、聞き返しが多いような場合は、一度診察にいらしてみてください。
急性中耳炎
症状としては初めに鼻風邪などにかかった後に、突然耳痛や発熱、時に耳だれが出てくることがあります。小学校の入学までに60〜70%のお子さまがかかると言われています。
アレルギー性鼻炎
くしゃみ、水性の鼻水、鼻づまりを主症状とします。お子さまの場合、鼻すすりやかゆみの為に鼻をこすったり、指で触るため鼻出血を起こす事もあります。
耳垢の詰まり

耳あかのお掃除だけで耳鼻科に行ってもいいの?と思うお母さまもいらっしゃるかもしれません。おうちでお母さまが一人でお子さまの耳あかをとるのは大変です。お子さまが激しく動いてしまうと外耳道や鼓膜を損傷することもあるので危険です。また耳あかを長時間放置することで、感染をおこして耳だれが出てしまったり中耳の病気を二次的に発症させる原因となることもあります。耳あかで外耳道がふさがっていると聞こえの悪さの原因にもなります。

耳あかを放置されて他の病気を引き起こすよりは、こまめに除去して耳の状態がきれいに保てているほうが安心です。耳あかのお掃除だけの受診でもぜひお越しください。